生物重要実験

生物重要実験

Add: dicazox4 - Date: 2020-12-17 00:09:19 - Views: 1977 - Clicks: 5974

サンプルを汚染させない。 2. 動物実験と実験動物 I 野 村 達 次 財団法人実験動物中央研究所 1. 生体膜中の脂肪酸の重要性・減数分裂・免疫の仕組みの研究者による解説 【Special Column-1】 わかってきた生体膜中の脂肪酸の重要性 ──生体膜リン脂質多様性の形成機構とその生理的意義 河野 望(東京大学 大学院薬学系研究科 准教授) 【Special Column-2】 「減数分裂」をどう理解するか?. . 動物実験は医学の研究にきわめて有用です。その最大の科学的理由は、生命原 理が同じなので動物で得られた知識は基本的に人間にも適用し得ることです。20世紀中、平均寿命の延長と小児死亡率の低下はいちじるしく、病苦からの解 放、軽減も大きく進みました。これに寄与した医学・医療の進歩は多くの分野にわたり、ビタミン欠乏症の治療、抗生物質による細菌感染治療、インスリンの発 見と糖尿病の管理、天然痘・ジフテリア・はしか等のワクチン、人工透析による腎臓病管理、新しい薬物の開発、麻酔医学、癌の化学・放射線療法、冠状動脈バ イパス・ペースメーカー等の心臓病の医療、高血圧・動脈硬化の管理、臓器移植、パーキンソン病の医療、エイズなどレトロウイルス疾患の医療など、枚挙にい とまがありません。これらはいずれも動物実験の上に実現しており、これに止まらず動物実験に基づいていない医療はないと言っても過言ではありません。 では医学の進歩はこの程度で十分であり、もう動物実験は必要ないのでしょう か。残念ながら、癌、アルツハイマー病・ALS等の神経難病、感染症、免疫疾患、遺伝病などの未解明、未解決の難病は多く残っています. 科学的な思考・表現 観察・実験の技能 自然事象についての 知識・理解 ①生物が水や空気などの周囲 の環境の影響を受けたりか かわり合ったりして生きて いることに興味・関心をも ち,自ら生物と環境のかか わりを調べようとしている。. 生物材料を取り扱う上での安全面の注意点は、大きく分けて2つあります。 (1)生物材料に含まれる微生物や生理活性物質が、実験系以外の環境また は実験者を含む生物に影響を与える可能性の考慮 (2)実験設備や実験器具の適切な使用.

実験における注意事項と危険対策について復習し,次回からの実験に備える。また,生物学的スケッチ,レポートの作成等の重要点をまとめておく。これにより「省察力(a-8)」を養う。 【事前学習】シラバスを事前に確認し,実験内容全体を把握しておく。. この実験の概要は以下のとおりである。 オワンクラゲの持つ緑色蛍光タンパク質(Green Fluorescent Protein ;GFP)遺伝子と,抗生物質に対する耐性遺伝子を,ベクターとしてプラスミドを使って大腸菌に導入する。プラスミドはBio-Rad社から売り出されているキットを使用した(理科教材会社から購入できる)。これらの遺伝子が発現すると,大腸菌はそれまで持っていなかったオワンクラゲの緑色蛍光タンパク質を作り出し,紫外線を当てると光るようになる。また,抗生物質(実験ではアンピシリンを使う)を入れた培地でも,耐性遺伝子が発現し抗生物質が効かなくなり,コロニーができる。つまり大腸菌に形質転換が起きる。 目に見えない遺伝子が発現し,目に見える形でコロニーができたり,発光したりするので容易に結果を確認でき,さまざまな考察ができる実験でもある。. Amazonで温重, 佐藤, 明, 山上, 彰, 永井の生物学実験。アマゾンならポイント還元本が多数。温重, 佐藤, 明, 山上, 彰, 永井作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. More 生物重要実験 videos. 近年,遺伝子の構造と機能に関する研究は飛躍的に進展し,ゲノム創薬やオーダーメード医療などが現実の時代となってきた。生命科学の情報はテレビや新聞,雑誌で紹介されることも多く,正しい知識や概念をもつことが大変重要になってきている。遺伝子発現の仕組みについては実験が難しかったが,最近では高等学校でも実験可能なキットが発売されている。本稿ではその実践例を紹介したい。 この実験を行うにあたっては法令に基づく拡散防止措置を取らなければならないが,その理由や遺伝子を扱う際の注意点(安全指導)をしっかりと事前に理解させてから行うことが重要である。事前指導をしっかりと行った上で実験すれば,多くの生徒が大腸菌のコロニーに紫外線を当てたときに見られる緑色蛍光色に感動するだろう。. 動物を使わないですむ代替法がある場合は当然そうすべきというのが研究者のコンセンサスです。3つのRという動物実験の原則(別 項に説明)の1つのRです。代替法の研究は発展させる必要があります。実際、現代技術の粋を集めた人体モデル、コンピュータ・シミュレーションは医学教育 に大いに取り入れられつつあります。私どもはこの技術が動物実験の一部を代替えできるまでにますます発展することを期待しています。しかし、コンピュー タ・シミュレーションは生命現象から得たデータを入力してはじめて可能となるものですし、今のところ、未知の生命現象や病因を探る研究は直接生物を用いて しかなし得ません。一方、細胞培養や組織培養の技術の発展には目覚ましいものがあり、医学・生理学的研究はそれらを大いに活用していますし、新薬開発時の スクリーニング・テストにも使われています。しかし、心臓などの各器官や身体全体の機能を解明する研究や病気の原因、病態を調べる研究は、今のところ動物 実験に頼る以外はありません。新薬をヒトに使用する前に動物で試す必要は今後とも無くなるとは思えません。代替法によって動物実験の必要が全面的になくな. 動物実験は医学のあらゆる分野で必要、不可欠ですが、とくに生理学においては必須です。 生理学は、生命の作動原理を理解することを目的とし、それによって健康と福祉の向上に貢献することを目指しています。さまざまな生命科学の分野がある中 で、生理学の特徴は分子・細胞レベルから個体レベルまでの生命現象を総合的に研究対象とし、「生きている」を実時間で研究することにあります。「生きてい る」過程の研究には動物実験が中心的な役割を果たします。また生理学は心臓や神経など各器官の個別の働きだけでなく、それらが統合されて個体の統一した生 命活動を実現させる仕組みを研究します。各器官の働きがどのように調和して個体機能が成り立つかを理解することは、個体の健康・病気を扱う医学・医療の重 要な基礎であり、その生理学的研究には動物実験が必須の役割を果たします。. 生物基礎 学習指導案 生物重要実験 学校 ¡ 鹿児島県立開陽高等学校 全日制課程 実施日時 平成28年1月22日(金)第2校時 実施場所 物理実験室(管理棟4階) 対 象 福祉科中間年次 14 ¡ 教科書 『新編生物基礎』(東京書籍) 履修単位 2単位 授業者 兒玉 喜恵.

実験モデル生物としてのアフリカツメガエル keio sfc journal vol. 本実習の最重要目的 細菌を安全に取り扱う方 法を習得する。 本実習の最重要目的 1. 生物の学習は、教科書や図表を用いた視覚的な知識にとどまりがちになってしまうので、実験や実物を扱う時間は非常に重要で、理解も格段に深まります。 生徒たちは終始、主体的に楽しく実験や観察に取り組んでいました。. (1)高等学校等において教育目的で行われる遺伝子組換え実験の「遺伝子組換え生物等の使用等の規則による生物の多様性の確保に関する法律」における取扱いについて 文部科学省通知 平成16年2月18日(15文科振第946号) 2.

環境を汚染しない。 3. 光合成がどこで行われているか、ルーペを使って様々な生物を観察し,詳細な記録(模式図と説明)を作成する。 第3回:植物と光:屈性,傾性、光周性(1) ビデオ実験(1)光合成以外にも、植物は光を上手に使っている。. 生物系業務では、実験結果のみならず、試験依頼や試行錯誤の過程・考察なども重要な知見となるが、これらの記録は要約した情報の記入に留まっていた。 効果① 電子実験ノートを用いることで、時系列に見やすい形式で記録できるようになった。. 増補新訂版 生物実験・観察室 best100 plus 3巻セット 生物基礎・生物対応. 生物の基礎をマスターするには教科書を読み、該当範囲を基礎的な問題集でアウトプットしていくことが最もおすすめです。 生物は記述・論述問題が志望校の問題で出題されるとしても、まずは基礎知識がないと始まりません。また生物は他の理科科目に比して覚えることも多いです。したがって、この基礎レベルの問題集でまずは徹底的に基礎知識を習得しましょう。 以下おすすめの問題集をあげます。. See full list on shinko-keirin. See full list on physiology.

解させ,生態系のバランスや生物多様性の重要性について認識させる。 ・生物の進化の過程とその仕組み及び生物の系統について,観察,実験などを通して探究し,生物界の多様性 と系統を理解させ,進化についての考え方を身に付けさせる。 評価の観点. は じ め に 生物科学における特有な研究方法である動物実験は, 近年いちじるしく進歩してきた. 日 (趣旨) 第. 数理生物学はこれまで生態学や進化生物学、遺伝学といった分野で大きな成功を収めてきた。例えば生態学においては、もはや数理生物学なしでは、学問が成立しないと言っても良いほど、数理モデルや数理的思考法が浸透している。しかし、よりミクロなレベルの生物現象、例えば分子生物学や細胞生物学、そして発生生物学においては、数理モデルはまだほとんど重視されていない。一方で、実験生物学としての分子生物学や発生生物学の勢いは、相変わらずとどまることを知らない。特に発生生物学においては、形態形成やアルゴリズミックな細胞分化制御など、数理モデルで解くにふさわしい現象が多数あることを考えると、この対照的な状況は、つくづく残念だと思う。 私の学問的な目標は、これら発生生物学や分子生物学において、有用な数理モデルを作り、数理的手法をこれらの領域における代表的な方法にまで、育てることである。この目標に向けて私が採ってきた方法論は、実験生物学者を意識した研究と、彼らのコミュニティーの中で発表活動を行うことであった。活動の中心も、数理生物学会以外に実験系の学会(発生生物学会や分子生物学会)に於いて、共同研究や研究会などの交流を積極的に行ってきた。その結果、ここ数年ようやくこれらの学会で自分の活動が、知られるようになってきたと思う。また年の秋に、基礎生物学研究所(基生研)に現在の職を得たことは、大きな環境の変化であった。分子生物学方面に大きく人脈の幅がひろがり、直接対話することで彼らの考え方をより理解できるようになった。しかし客観的には、ようやく国内のコミュニティーで、活動が知られるようになったというに過ぎない。今後も努力して、活動を継続していく必要がある。 今回数理生物学会ニュースレターに「私の目指す数理生物学」の原稿を書くように依頼があったとき、正直に言って少し戸惑った。私自身は、まだ若手のつもりであり、研究業績もこれからもっと充実させたいと思っている。自分の研究活動を総括したり、分野を代表したりする立場には無いと思う。ただ、私は分子生物学者に囲まれて数理生物学を研究する、という特別な経験を得ている。そこから得られる情報は、数理生物学会の他のメンバーにお知らせすることで、役立つかもしれない。そう考えて、原稿執筆をお引き受けすることにした。以下の文章は現在も変化しつつある分子・発生生物学周辺.

See full list on goukaku-tensi. 生まれたときから管理され遺伝情報等の基礎データを持つ動物での実験は信頼できるが、素姓のわからないネコやサルでの実験データ は信頼できず、国際誌には掲載されない、という主張をする人々がいます。実験動物の適切な選択は、研究者が最も気を遣う点です。しかし、上記のような動物 である必要性は研究の問題やテーマによって大きく異なります。もちろん遺伝的にコントロールされた動物や無菌的に育てられた動物が必要な研究も多数ありま すが、その必要のない研究も少なくありません。逆に、特定の系統の動物が偏った結果をもたらす場合もあり、むしろ遺伝的にコントロールされていない雑種. 実験動物(じっけんどうぶつ、Experimental Animals, Laboratory Animals)とは、狭義には実験、研究その他科学において利用するために合目的に生育している動物、動物実験に利用される動物のことである。ほかに試験、教育、生物学的製剤の製造に. Amazonで大森 徹の大森徹の生物 実験・考察問題の解法 (大学受験Doシリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。大森 徹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 重要です。 4.実験室での飲食、喫煙、化粧、食料の貯蔵などはしない。 5.実験室内では白衣や作業着を着用し、白衣のままで室外に出ない。 6.実験器具の準備は大丈夫ですか。 手袋、試薬、実験器具など実験にふさわしいものを用意していますか。. 大学受験で生物の勉強をしていると、無味乾燥な勉強になりがちです。しかし、今やっている生物の勉強が大学の勉強にどのようにつながっていくのか、今、どのような現象の基礎を学んでいるのかを少しでもイメージできると、今までと違った見方で受験生物を見ることが出来ます。 ここでは、そのイメージを少しでも持っていただけるよう生物選択で東大理二に首席合格、その後東大内の進振りで東大医学部医学科に進学した当塾講師大久保が、みなさんへ書き下ろしてくれたコンテンツを掲載します。.

私たちの生存を守る医学の発達は動物実験によって成り立ってきました。 ヒトの健康と福祉を追求する医科学研究にとって動物実験は必須の手段です。 私たち人間が現在のように存在し生活できるのは、今までに行われてきた動物実験のおかげといっても過言ではありません。 一方で、動物の命を犠牲にする動物実験に反対する立場もあります。 実験に利用される動物がかわいそうという思いは人間として当然であり、 実際その感情は私たち研究者も共有します。しかしそういう感情を大事にするとともに、 自分たちが受ける医療や服用する薬がどのように動物実験に依存しているか、もし動物実験がなかったらどうだったか、 もし必要な実験が制約を受けることになったら今後どんな事態が予想されるか、といったことを理性的に判断することも大切です。 医科学研究における動物実験は国民が真剣に考える必要のある重要な問題です。 日本生理学会では会員のほとんどが動物実験に携わっています。 そこで私ども日本生理学会が動物実験をどう考えているか、見解を示しご理解を求めます。. 条 この規程は,遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(平成15年法律. 本校では高等学校1年生の「生物基礎」において,全員この実験を行っている。実験は2時間続きで行うが,実験自体は1時間15分程度で終わる。また,培地を作るための事前準備(高校1年生は教師が培地を作る)と,実験24時間以降に結果を見るための実験が必要である。 この実験はキットを購入すれば必要な器具,薬品はほとんど含まれている。実験はP1レベルの拡散防止措置を取らなければならないが,高価な備品はなくてもできる。遺伝子組換え生物とそれが付いた器具類はオートクレーブで121℃,20分間加圧滅菌し,不活性化させてから廃棄することと定められているが,圧力鍋でも代用できる。生徒には安全指導上必ず白衣を着用させ,実験前後には手を十分洗ったのち,70%エタノールでその都度消毒しながら行わせるようにする。 微生物を扱う実験なので緊張感をもって行ってもらうため,十分な事前指導が必要ではあるが,どの生徒もこの実験が1年間で最も厳しく,しかし最もやりがいのある実験だったと述べている。この実験をきっかけとして,遺伝子組換え食品や遺伝子治療などバイオテクノロジーの最先端技術と倫理面からのアプローチをより詳しく追究してほしいと思う。 参考文献 1. 自分が置かれたこのような状況を考えたとき、少しでも早く実験生物学者に直接アピールするような成果を挙げなければいけないと思う。現在の自分には、チャンスも与えられているが、同時に試されてもいるのだと思う。基生研には、国内の一級の実験生物学者がそろっている。彼らの厳しい評価基準において、成果を挙げなければいけない。一方で、実験生物学者に対し、数理的手法について、より良い理解を求める必要があるとも考える。実験生物学を強く意識したとき、数理生物学者が実践すべき事柄は、これら二種類あると思う。 まず、生命科学から現在期待されている数理モデルの役割とは、実験的に検証可能な予測を導くことだ、と意識しなくてはいけない。実験的に分かっている事実を後付で説明するような数理モデルや、可能性の一つを挙げるだけのシミュレーションでは、実験生物学者からの評価も低い。強力な予測を理論的に導くことは困難ではあるが、不可能ではない。特に、モデル研究と実験の間でコミュニケーションが十分になされ、問題意識が共有されれば、可能だと思う。 私は、数理的な研究結果を生物学的に解釈する過程が、非常に重要なポイントだと思う。実験研究者からの批判として、一般に数理モデルは単純化され抽象化されすぎて、現実の生物現象と結びつかない、という意見を耳にする。しかし解析の可能性や結果の一般性を考慮すると、数理モデルがある程度抽象化することは避けられない。むしろそこからどういう生物学的情報を引き出すか、という作業の方が重要だと思える。また、良い解釈というのは理論屋だけでは限界があり、実験研究者も加わった方が、可能性が広がる。理論と実験を組み合わせて成果を挙げた研究はいずれも、モデルの解読の仕方が優れているように思う。 一方で、生物学的にすぐには役に立たないように見える、基礎研究も重要である。実験生物学者には、そういった研究の重要さについて、理解を求めていきたいと思っている。分子生物学を中心とするミクロ生物学は、実証科学として発展してきた事実がある。理論と実験を融合させようとしている実験研究者にしても、「理論的に予測されたものが、最後に分子的実体としてつかまれば成功」、という立場である。私は実証科学の枠に縛られる必要は無いのでは、と考えている。つまり予測を与えたに過ぎない(検証されていない)理論であっても、その研究が検証実験. 「生物化学実験パート」は対面実験授業と遠隔授業(同時双方向型とオンデマンド型)の組み合わせにより実施する。受講者への連絡はBlackboardを通じて行う。社会状況の変動等で、授業の形態等が変更される可能性があります。その場合Blackboardあるいはe.

生物基礎のテスト勉強をしているときにこんな疑問はないですか?こんなお悩みを解決できるようにわかりやすく解説します。 本記事の内容グリフィスの実験 アベリ―の実験 ハーシーとチェイスの実験 遺伝子の本体を見つけた実験に関する入試問題. こ れは,新 しい学問分 野である実験動物科学(Laboratory Animal Science). 先ほど書いたように、基生研に移ったことは私にとって大きな転機であった。しかし、数理生物学者が基生研に採用されたことは、私個人にとって大きいだけでなく、分子・発生生物学の変化を示しているのかもしれない。私が採用された部門名は、情報生物学研究センターと言い、明らかにバイオインフォマティクスを意識したものである(最近、「理論生物学研究部門」と名前が変わり、自分の研究の実態により近くなった)。しかし、公募要綱にはむしろ「広く様々な理論的方法により、生命科学を総合的に研究しようとする研究者」といった条件が示されていた。私は、半信半疑ながら、「駄目で元々」のつもりで応募してみた。基生研は、実験生物学の基礎研究における、超一流の研究所であり、ほとんどの研究部門が、分子生物学的研究を行っている。もし仮に採用されたとしても、そのような環境で、果たして自分の研究が正しく評価されるだろうか?という心配もあった。 意外にも基生研に採用され、分子生物学者と交流する中で、さまざまな情報が直接手に入るようになった。私が採用された理由も、少しずつ分かってきた。驚いたことは、予想以上に数理モデルが新しい手法として、期待されていることだった。私が研究生活に入ったころとは、ずいぶん状況が変化している。つまり分子・発生生物学の方法は、ある種の飽和をしている、というのである。先ほど書いたように、分子・発生生物学は方法論として大きく成功した。発生や形態形成に関わるメカニズムである、分子の振る舞いに関する知見は、多く得られるようになった。しかし生物学の目標は、生命現象の理解である。形態形成現象や生理的反応などの、細胞レベル以上の複雑な生命現象については、相変わらず多くが手付かずのままだ。ミクロスコピックな分子生物学的方法を使っている限り、これらの高次生命現象は解けないのではないか、という閉塞感が多くの分子生物学者の間には、生まれているのだそうだ。数理的方法は、この閉塞感を打開する突破口になれないか?と期待されているのである。長期的な展望にたって分子生物学の将来を考える、学会のトップの人ほど、その期待を抱いているようだった。 期待されることは喜ばしいが、同時に数理モデルに対する理解が、本当に進んでいるわけではないことも分かった。つまり、ほとんどの分子生物学者は数理モデルの中身を理解しないまま、未知の方法の可. 今回は、肺炎双球菌の形質転換について解説していきましょう。 バクテリアにおける形質転換を発見し、遺伝情報が転移できることを示した初めての実験であるグリフィスの実験、 形質転換を起こすのがdnaであり、遺伝情報を伝えるのはdnaであることを示唆したアベリーの実験です。. See full list on www2.

様々な種類の動物の尊い犠牲を通じて行われた生理学の教育、研究は生命現象の理解と解明 に大きな役割を果たし、医学・医療に応用され、人類の健康と福祉にはかり知れない貢献をしています。動物実験の必要性は今後とも変わることはありません。 日本生理学会会員一同は医学・生理学の教育の充実と研究の発展に一層尽くす所存ですので、そのための動物の使用に対して社会の皆様のご理解をお願いいたします。. . 平成29 年度 教材生物講習会 血液を用いた実験 川口高等学校 理科(教諭) 黒澤 望 平成 29 年10 月18 日(水) 埼玉県立川口東高等学校 生物実験室. 25年2月14日 改正 令和2年1月. (2)髙橋伸一郎・石田大喜 文部科学省における組換えDNA実験指針の法制化と教育目的実験 ―実際に教育目的実験を始める前に― 遺伝別冊18号():. 私が研究生活に入ろうとしていた90年代の半ばには、発生・形態形成現象に分子生物学を用いて取り組む手法が、非常に勢いを持っていた。ショウジョウバエの体節形成にかかわる遺伝子の発現パターンと制御は、80年代の半ばから終わりにかけて、次々と明らかにされていた。同様の手法は様々な生物の様々な現象に適用できる、と考えられていた。つまり生物の体作りは、注目する領域で働く遺伝子を調べることで、すべて理解できると考える発生学者が多かったように思う。 一方で、発生や形態形成を数理生物学的に扱う研究も続けられていた。それらは、Turingに由来する反応拡散方程式を用いた形態形成や、Cellular automatonを使ったモデルなどである。これらの研究の中には、大変すばらしいものも多い。しかし実験発生学の成果の華々しさの影で、数理的研究は目立っていないように見えた。例えば、ショウジョウバエの体節形成機構の解明は、発生遺伝学の大きな成果の一つである。一方で、体節遺伝子(例えばeven-skipped)が周期的な発現パターンを作ることに対して、Turingのアイデアを用いて説明しようとする数理的研究がなされた。しかし実際には体節遺伝子は、発現する領域のそれぞれで、異なる制御機構の下にあることが明らかになった。これは、Turing拡散不安定性のような自律的に周期パターンを作り出す機構とは、無関係である可能性が高い。この結果は、当時の発生生物学の状況を、象徴的に示していたように思える。つまり、数理モデルを用いて、現象に潜む原理を推測するよりは、分子機構を一つ一つ明らかにしていったほうが正確であることを、例示してしまったのである。 当時の数理的研究は、分子発生生物学が次々と事実を明らかにする勢いに、後から着いていく、といったところが有ったかもしれない。しかし改めて考え直せば、一般的に発生現象を理解する上で数理モデルが必要なのは、ほとんど明らかとも思える。 理由の第一として、発生現象とは三次元空間中に形が展開していく過程である。このような時空間変化を理解するには、偏微分方程式などの空間構造を直接扱える数理的方法が必要不可欠である。 第二に、分子生物学の発展は、発生の分子的理解を推し進めたと同時に、遺伝子の(つまりミクロレベルでの)振舞いに関する情報を、多く生み出すこととなった。これらの情報. とも求められる。 本稿では、アフリカツメガエルが実験モデル生物として優れている点、ど のような研究に応用されているのか、さらには今後の応用性などについて議 論していく。.

生物系試験データの適性な記録・管理は、探索研究では特許対策、申請試験ではデータの信頼性保証の観点からも非常に重要であり、昨今はこうした課題を解決する手段が求められています。 紙の実験ノートの課題 実験ノート作成業務が煩雑. 生物学実験(Ⅱ期,月曜4,5限,時間割コード:0021471,医学部保健学科対象) 2年次以降の学年で、単位の履修計画上どうしても受講が必要となる場合には「秋学期の開始前」に担当教員までメールで連絡をしてください(授業の1回目が終わってから受講を.

生物重要実験

email: linor@gmail.com - phone:(741) 152-7205 x 3757

俺様をくらえ! - 千歳ぴよこ - 水内健太郎 ヨルダン

-> くすぐり闘士の無魔術乱舞-ゼロ・ランブル- - 仁科朝丸
-> 1ポンドの幸せづくり - 井形慶子

生物重要実験 - 京都の謎


Sitemap 1

ニッポン創新! - 山田宏 - 森林生態学