地域資源保全主体としての集落 - 本田恭子

本田恭子 地域資源保全主体としての集落

Add: oboni29 - Date: 2020-11-28 06:36:36 - Views: 978 - Clicks: 6271

藤野 正也(森林・林業政策学) 我が国林業に適合した計量分析手法に関する実証研究; 大瀧 真俊(比較農史学) 近代日本の軍馬政策と農業及び農家経営. 本田 恭子(担当:分担執筆, 範囲:地域をささえる小水力発電のマネジメント—岡山県を事例に) 昭和堂 年 (ISBN:地域資源保全主体としての集落. 地域資源保全主体としての集落 : 非農家・新住民参加による再編を目指して: 本田恭子 著: 農林統計協会:. 農業や関連産業の所得増大や農村の維持 発展のためには地域住民の. 本田恭子 著 本書は、地域資源保全についての、個人レベル(非農家・新住民の参加促進)、集落レベル(異質な参加者間の適切な役割分担)、政策レベル(適切な公的支援の設計)の課題に対し、保全主体としての集落に焦点を当てて分析を行い、保全体制の再編に向けて集落単位で実践可能.

奨励賞: 本田恭子(ほんだやすこ)著『地域資源保全主体としての集落―非農家・新住民参加による再編を目指して―』農林統計協会,年3月. 本田恭子著『地域資源保全主体としての集落—非農家・新住民参加による再編を目指して』 上野 裕士 水資源・環境研究 26(1), 22-23,. 著書形態: 単著. 定価: 3,080円 (2,800円+税) 著者名:本田恭子 著 出版社:農林統計協会. 本田恭子 / 地域資源保全主体としての集落―非農家・新住民参加による再編をめ ざして― / 財団法人農林統計協会 /. 書評「本田恭子著『地域 資源保全主体としての 集落』」 単 平成28年11月 『村落社会研究ジャーナル』第45号 発表「河川敷の利用にみ る地域社会の空間管理」 単 平成27年12月 日本村落研究学会関東地区例会 講義「フィールドに学ぶ ―地域における環境と. 著者名: 本田恭子.

・宝マップ:「宝」となる地域資源は,青根地区全体に 点在しており,なかでも川-集落-山際-山という集落立 地の断面構成のなかでは,集落から山際にかけての空間 でより多くの地域資源が確認できた.. 6-イシタ 「地方創生」はこれでよいのか : jaが地域再生に果たす役割: 石田信隆, 農林中金総合研究所編著: 家の光協会:. 地域資源保全主体としての集落 非農家・新住民参加による再編を目指して. 本田恭子著『地域資源保全主体としての集落』 五十川飛暁 齋藤仁・大鎌邦雄・両角和夫編著『自治村落の基本構造』 坂口正彦 坂口正彦著『近現代日本の村と政策』 玉真之介 清水ゆかり著『庶民が描く暮らしの記憶』 一宮真佐子. 講義「フィールドに学ぶ ―地域に. 本田恭子 / 地域農林経済学会奨励賞 / 地域資源保全主体としての集落―非農家・ 新住民参加による再編をめざして―(農林統計協会) / 地域農林経済学会 / 年10 月19 日 12. 発行日: 年03月. 所属 (現在):岡山大学,環境生命科学研究科,准教授, 研究分野:持続可能システム,経営・経済農学,小区分64060:環境政策および環境配慮型社会関連,ジェンダー, キーワード:小水力発電,再生可能エネルギー,コミュニティ,地域資源管理,中国地方,農業協同組合,コミュニティ・パワー,コミュニティ.

77-イマム: 私の. 氏名 本田 恭子. 3: 農業水利施設の保全作業における報酬の効果と混住化 : 農地・水・環境保全向上対策を事例に 研究代表 本田恭子. 出版機関名: 財団法人 農林統計協会. 9: 44: 2: 37-38: 藤栄 剛: 書評:本田恭子「地域資源保全主体としての集落-非農家・新住民参加による再編を目指して-」 農林業問題研究: /3: 49: 4: 54-55: Nakamura, M.

集落主体による地域資源の保全体制の再編に関する研究. 集落主体による地域資源の保全体制の再編に関する研究: 著者: 本田, 恭子 : 著者名の別形: Honda, Yasuko: 発行日: 26-Mar-: 出版者: 京都大学: 学位授与大学: Kyoto University (京都大学) 学位の種類: 新制・課程博士: 取得分野: 博士(農学) 報告番号: 甲第16906号: 学位記. 著書種別: 著書.

農業用用排水路の保全体制の傾向と地域性 ほか. Fujiwara / Cascade utilization of. 山崎慎一 / 関西繊維科学研究奨励賞 / 環状高分子を構成要素とするトポロジカル. 本田恭子著『地域資源保全主体としての集落—非農家・新住民参加による再編を目指して』 元データ 水資源・環境学会 著者(集計中) 水資源・環境学会 関連論文.

地域資源保全主体としての集落 地域資源保全主体としての集落 - 本田恭子 : 非農家新住民参加による再編を目指して. ・宝マップ:「宝」となる地域資源は,青根地区全体に 点在しており,なかでも川-集落-山際-山という集落立 地の断面構成のなかでは,集落から山際にかけての空間 でより多くの地域資源が確認できた. 発表「河川敷の利用にみ る地域社会の空間管理」 単. 本田 恭子(経営情報会計学) 集落主体による地域資源の保全体制の再編に関する研究; 学位取得年度. 集落主体による地域資源の保全体制の再編に関する研究 (論文内容の要旨) 地域資源(例:農地、農業用水(路)、ため池)は農業生産の基盤であると同時に、 重要な公益的機能も持つ。. 地域資源保全主体としての集落 : 非農家・新住民参加による再編を目指して: 本田恭子著: 農林統計協会:. 農山漁村再生可能エネルギー法に基づき、 29市町村が基本計画を作成済(平成28年 12月時点) 農村の就業構造の改善. 域資源保全との関連(衰退過程と機能低下の順序、農林地管理の可能性)、今後の集落の衰退・ 消滅が地域資源保全に及ぼす影響等について分析を行う。 d.限界集落等における集落機能の維持・再生方策や地域資源管理方策についての検討 以上の結果を.

地域農業と農協:. 27: 年12月 日本村落研究学会関東地区例会. Amazonで本田 恭子の地域資源保全主体としての集落―非農家・新住民参加による再編を目指して。アマゾンならポイント還元本が多数。本田 恭子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 地域資源保全主体としての集落 - 非農家・新住民参加による再編を目指して - 本田恭子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 代表的な研究成果 【 表示 / 非表示 】. 地域資源保全主体としての集落 : 非農家・新住民参加による再編を目指して.

る関心の低下によって集落主体での積極的な保全が 困難になる可能性が示された。そのうえで、事例地 においては集落の枠組みをこえた小学校区での活動 組織がうまく機能していることに注目し、そのよう 52 本田恭子著 『地域資源保全主体としての集落. 沖縄県の「サンゴ礁資源情報整備事業(平成21-23年度)」 と「サンゴ礁保全再生地域モデル事業」の調査結果から 久米島の海のサンゴ被度について、次のような結果が出ています ※ マンタ調査とスポットチェック調査で記録された久米島周辺のサンゴ類被度. 著書名: 地域資源保全主体としての集落 (Village Community as a Regional Resource Manager : Its Reorganization by Non-farmers&39; Participation) 記述言語: 日本語. 書評「本田恭子著『地域 資源保全主体としての 集落』」 単. 農林統計協会,.

1-212,. 2.本田恭子:農業用排水路の維持管理に対する非農家の参加条件―農業用水および用排水路の管理形態に着目して―,農村. Rast: Development of ILBM Platform Process: Evolving Guidelines through Participatory. 28: 年11月 『村落社会研究ジャーナル』第. Amazonで本田 恭子の地域資源保全主体としての集落―非農家・新住民参加による再編を目指して。アマゾンならポイント還元本が多数。本田 恭子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 地域農林経済学会奨励賞:本田恭子著『地域資源保全主体としての集落ー非農家・新住民参加による再編を目指してー』農林統計協会 ①福井清一・三輪加奈「カンボジア農村における家計のリスク対応ー社会的ネットワークと仕送りの保険機能に着目して. 地域農林経済学会 学会奨励賞 本田恭子著『地域資源保全主体としての集落ー非農家・新住民参加による再編を目指してー』農林統計協会 年 地域農林経済学会大会個別報告優秀賞 本田恭子「都市住民の農村への移住に対する中山間地住民の受け入れ条件」. 本田, 恭子, 1981- 国立国会図書館のサービス Online Services at the NDL 以下のリンクボタンから国立国会図書館サーチで検索ができます。. 大学大学院農学研究科生物資源経済学専攻(主査.

By 恭子 本田. 本田恭子『地域資源保全主体としての集落―非農家・新住民参加による再編を目指して―』(財)農林統計協会,年 本田恭子「地域住民組織と住民の自発的な河川管理が築く相補的関係の可能性―都市化地域における環境保全を目的とした地域共同管理の一. 研究代表者 本田恭子 幹事 メンバー 【ねらいと目的】(600 字程度) 農地や農業用水路、ため池に代表される地域資源は農業生産に不可欠な基盤であると同 時に重要な公益的機能も持つ。これまで地域資源は集落が主体となって維持管理を行って.

地域資源保全主体としての集落 - 本田恭子

email: gejic@gmail.com - phone:(392) 788-4205 x 9891

不合理で動く人間心理を知らなければ なぜアレが売れるのかはわかりませんよ - 安田貴志 - フェミニナ教育研究所 愛知高校

-> カルシウムはこんなに効く - 落合敏
-> JR夢列車 - 南正時

地域資源保全主体としての集落 - 本田恭子 - 中川稔朗 全国百八ヵ寺浄心の旅


Sitemap 1

通販○珍ワンダーランド vol.2 - ディスカバ-通販友の会 - スタイルワゴンクラブ カーDIYかんたんガイド